Home » Fukushima Nuclear accident thyroid cancer risk: See from the US hydrogen bomb test cancer risk report by Hiroto Kiryuu
Fukushima Nuclear accident thyroid cancer risk: See from the US hydrogen bomb test cancer risk report Hiroto Kiryuu

Fukushima Nuclear accident thyroid cancer risk: See from the US hydrogen bomb test cancer risk report

Hiroto Kiryuu

Published
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

「福島の甲状腺リスク」改訂版。オンデマンド出版を考慮した体裁変更のため若干の文章書き足しと原発事故の影響は広範囲となることからタイトルも変更した(2015年4月30日)。東京電力福島第一原発事故の後、福島県の甲状腺スクリーニング健診でがんと診断された子どもたちは、前例になく多く市民の不安が高まっている。調査検討委員会の専門家は放射線被ばくが原因とは考えにくいとする一方で、統計的に有意とする学者もいるが今の時点で結論づけることはむずかしい。そんな中で、昨年(2014)6月、More「福島の甲状腺リスク」改訂版。オンデマンド出版を考慮した体裁変更のため若干の文章書き足しと原発事故の影響は広範囲となることからタイトルも変更した(2015年4月30日)。東京電力福島第一原発事故の後、福島県の甲状腺スクリーニング健診でがんと診断された子どもたちは、前例になく多く市民の不安が高まっている。調査検討委員会の専門家は放射線被ばくが原因とは考えにくいとする一方で、統計的に有意とする学者もいるが今の時点で結論づけることはむずかしい。そんな中で、昨年(2014)6月、アメリカ合衆国が60余年前に太平洋マーシャル諸島で行った、水爆実験による放射性降下物で被ばくした島民たちのがんリスクに関する評価報告書のデジタルデータが利用可能になった。アメリカ国立衛生研究所報告書「ビキニとエニウェトク核兵器実験からの放射性降下物と被ばくに関するマーシャル諸島の放射線量とがんリスク:要約」である。1980年代から1990年代にかけて筆者は現地を4回訪れ、ロンゲラップ島民から被ばく体験や健康被害について聞いた。その中で、特に甲状腺に障害を受けた子ともたちが多いことに衝撃を受けた。放射性ヨウ素131の内部被ばくから甲状腺の機能障害をきたし、û